プロダクトデザイナー柴田文江がデザインを手掛ける
美しいラベルプリンター「テプラ」PRO "MARK" SR-MK1

「テプラ」PRO初のスマートフォン専用モデルで、専用アプリ「Hello」と連動。誰でも簡単にデザイン性の高いラベルが作成可能

           

プロダクトデザイナー柴田文江がデザインを手掛ける
美しいラベルプリンター「テプラ」PRO "MARK" SR-MK1
「テプラ」PRO初のスマートフォン専用モデルで、専用アプリ「Hello」と連動。誰でも簡単にデザイン性の高いラベルが作成可能

「テプラ」PRO シリーズのスマートフォン専用モデル、ラベルプリンター「テプラ」PRO "MARK" SR-MK1が2020年10月1日(木)より発売される。ラベルプリンター「テプラ」が登場したのは1988年。誰でも簡単にラベルを作れて、オフィスや家庭で重宝される一方で、「少しかっこわるい」「後付け感がある」というイメージもあった。日々の暮らしのなかで、人はどんな時にラベルが必要だと感じるのか、またラベルに何を求めているのかという点に立ち返り、ラベルの用途提案から作成方法に至るまで、根本的に見直した結果、新しいコンセプトの「テプラ」PRO "MARK" SR-MK1が誕生した。

MARKリリースカット.jpg

MARKロゴ.jpg

愛称の"MARK"は「示す」を意味し、新しいラベルの在り方を提案することで、「ラベリングによる新たな文化の創造をしたい」という想いが込められている。従来の家庭向け製品は低価格で必要最低限のスペックとなっていたが、既存のラインナップ構造を見直し、"MARK"は「テプラ」シリーズ最高クラスの解像度360dpi高精細ヘッドを採用。インテリアのテイストや趣味に合わせたデザインのラベルを印刷するのに十分なスペックを備えている。

専用アプリ「Hello」は、写真を見ながら欲しいラベルを探すところから楽しめる。特に目的がなかったとしても、写真やテンプレートを見ているだけでアイデアが浮かび、整理整頓のプロでもなくても、デザイナーでなくても、簡単に素敵なデザインで便利なラベルを作成することができる。

スマートフォン専用モデル.jpg
本体とスマートフォンをBluetooth®で接続し、専用アプリ「Hello」でラベルを作成する。豊富なテンプレートから好きなデザインを選ぶだけで、簡単にデザイン性の高いラベルが作れる



アプリアイコン.png
アプリアイコン



appラベル選択.png
発売時のテンプレート数は約200種を予定している



ラベルデザイン.png
ラベルデザイン


ラベルの作成方法は3種類。手早く簡単に作成できる「クイック作成」、調味料や洗剤など、様々なシーンに合わせて体裁が同じデザインをまとめて印刷できる「一括作成」、オリジナルデザインで作成できる「こだわり作成」が選べる。端末に保存した画像も使用可能で、お店のロゴや手描きのイラストなどを簡単にラベルにすることができる。データ形式は.pngと.jpg(jpeg)に対応している。

他にも「タイムラベル」機能を搭載。印刷したラベルにアプリから日時や曜日を紐づけることができる。設定した時間にあるとプッシュ通知が届き、賞味期限の管理やフィルター等の交換など定期的な予定の管理に活用することができる。普段の暮らしの中でラベルが機能していることをより実感できる設計となっている。



app_timelabel.jpg



今後の「Hello」の展開としては、ラベルの活用事例を紹介するコラムの配信や、ラベルデザイン、テンプレートなどコンテンツの配信を予定している他、SR-MK1以外の機種にも順次対応させていくことを検討している。

テプラは法人のユーザーが多いが、"MARK"は家庭という使用シーンのなかで毎日使うものとしてデザインをしてもらいたいという意図があった。従来のラベルライターは使用時以外にはクローゼットや引き出しにしまわれることが多かったが、常に部屋の中に置いておける、暮らしに馴染むデザインにすることで、スマートフォンを使っていつでも手軽に印刷できる環境づくりを目指した。

日常のなかで大切にしたいことがデザインに詰まっているという理由から、製品デザインにはプロダクトデザイナーの柴田文江を起用。デザインは暮らしの中にいつもある佇まいを意識し、家の中にある食器や花瓶のようなしっとりとした質感に仕上げたという。本体カラーは、これまでのラベルライターの黒やグレーといった色の常識にとらわれないベージュとカーキの2色展開で、ファッションやカーテン、ラグ、インテリアなど身の回りのものに合わせて選べる、暮らしに馴染むデザインとなっている。

本体デザイン.jpg
「アイコニック」をコンセプトに、シンプルで細やかなディテールが際立つ形に仕上げた




デザイナーコメント

" テプラはもともとファイルなどの整理に使われ、「静」と「動」のどちらかでいうと、「静」のカテゴリーで機能するものだったが、今回の "MARK" は「時間」という概念を持っていて、例えば今作ったラベルは3カ月後に交換するとか、自分のスケジュールに対してラベルが何かを教えてくれたり、プレゼントや自分のものなどにメッセージをすぐに加えられたりと、整理するというよりはもっと動的で、私たちの暮らしに関わっていくような役割を担っている。アプリとも連動していて、これまでのテプラとは全く違う新しい役割が期待されているように思う。"

柴田文江



■製品概要
製品名・品番:ラベルプリンター「テプラ」PRO SR-MK1
本体色:ベージュ、カーキ
価格:¥15,000 +消費税
発売日:2020年10月1日(木)

■お問い合わせ先
株式会社キングジム お客様相談室
フリーダイヤル(全国共通)  0120-79-8107(ナットクのパートナー)
https://www.kingjim.co.jp/

  
柴田文江

柴田文江

Design Studio S代表。 武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒業後、大手家電メーカーを経てDesign Studio S設立。 エレクトロニクス商品から日用雑貨、医療機器、ホテルのトータルディレクションなど、国内外のメーカーとのプロジェクトを進行中。iF金賞(ドイツ)、red dot design award、毎日デザイン賞、Gマーク金賞、アジアデザイン賞大賞・文化特別賞・金賞などの受賞歴がある。武蔵野美術大学教授、2018-2019年度グッドデザイン賞審査委員長を務める。著書『あるカタチの内側にある、もうひとつのカタチ』。

関連サイト
関連情報
デザインノート
アイデア
イラストノート