<開催延期>「東京好奇心 2020 渋谷」展覧会

           
「東京好奇心 2020 渋谷」展覧会
16の国と地域を拠点に活動する100名の写真家の写真を展示
  • 開催期間2020.5.23日(土)-6.14(日) *開催延期(会期未定)
  • 開催場所Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急百貨店本店横)
  • 開館時間10:00-19:00
    金・土曜日:10:00-21:00(入館は閉館の30分前まで)
    *本展は通常の開館時間と異なります
  • 休館日会期中無休
  • 入場料一般:1,000円(800円)
    大学・高校生:500円(400円)
    *()内は前売、20名以上の団体料金
    *中学生以下は無料(学生券購入の際は要学生証提示)
  • 公式ホームページhttp://www.tokyocuriosity.jp/

今、東京で何を問題点として自覚し、何を美しいと判断し、何を悲しく想い、何を大切だと感じ、そしてどんな可能性を見ているかを、写真として提示したいという思いが契機となり、NPO東京画によって具現化されたプロジェクト「東京好奇心」。 この度開催される展覧会『東京好奇心 2020 渋谷』では、16の国と地域を拠点に活動する100名の写真家の写真が展示される。東京の本質を色濃く反映する渋谷を舞台に、常に変化し続けてきた東京の姿と都市の記憶を映し出した200点を超える写真作品が人々の"好奇心"を呼び覚まし、未来を考える展覧会になる。

4_Daido Moriyama Photo Foundation.jpg
森山大道 Daido MORIYAMA[日本]
森山大道写真財団 Daido Moriyama Photo Foundation



5_Yoshihiro TATSUKI.jpg
立木義浩  Yoshihiro TATSUKI[日本]



7_Sarah MOON.jpeg
サラ・ムーン Sarah MOON[フランス]



11_Mikiya TAKIMOTO.jpg
瀧本幹也  Mikiya TAKIMOTO[日本]



14_Renato D'AGOSTIN.jpg
レナート・ダゴスティン Renato D'AGOSTIN[イタリア]




2020.03.30

  
瀧本幹也

瀧本幹也

1974年愛知県生まれ。写真家/映像作家。1994年より藤井保に師事し、1998年に瀧本幹也写真事務所を設立。広告写真をはじめ、グラフィック、エディトリアルワーク、作品制作、コマーシャルフィルム、映画などの幅広い分野の撮影を手がけている。写真と映像制作の経験を活かし、2012年からは映画の制作を開始。初めて撮影監督を務めた『そして父になる』(監督:是枝裕和、2013年)で第66回カンヌ国際映画祭コンペティション部門審査員賞を受賞した。以後も『海街diary』『三度目の殺人』と独自の映像世界をつくり出している。また自身の作品制作活動も精力的に行い、展示や作品集として発表している。

関連サイト
  
立木義浩

立木義浩

1937年徳島県生まれ。写真家。日本における著名フォトグラファーのはしりとして、雑誌・広告界の寵児になり人気を博す。1958年に東京写真短期大学技術科を卒業後、広告制作会社アドセンター設立時にカメラマンとして参加。1965年に『カメラ毎日』の巻頭56ページにわたって掲載された《舌出し天使》で一躍脚光を浴びる。女性写真のジャンルを中心に、俳優、タレント、小説家、政治家などの著名人を撮影するとともに、世界中で市井の人々のスナップを撮影し、数多くの作品を世に送り出している。

  
森山大道

森山大道

1938年大阪府生まれ。写真家。「アレ・ブレ・ボケ」と評される前衛的な作風が代名詞であり、その先駆性は、国内のみならず海外でも高く評価されている。1968年には伝説的な写真同人誌である『プロヴォーク』(ほかのメンバーは、中平卓馬、高梨豊、多木浩二、岡田隆彦)に初参加。同誌での活動は日本の写真史に大きな影響を与えた。2019年には濱谷浩、杉本博司、石内都に次いで日本人としては4人目となる、第39回ハッセルブラッド国際写真賞を受賞。

  
サラ・ムーン

サラ・ムーン

1941年ヴェルノン(フランス)生まれ。写真家/映画作家。夢の中の世界のような幻想的な作品で知られており、世界中に熱狂的なファンをもつ。1960年代にモデルとして活躍したあと、1970年代にはファッションや広告の分野で写真家としての活動を開始。1979年にカンヌ広告フィルムフェスティバルで金獅子賞を受賞後、1985年に作家としての制作を開始。2008年に刊行された『Sarah Moon 1, 2, 3, 4, 5』では、優れた写真集に贈られるナダール賞を受賞した。

  
レナート・ダゴスティン

レナート・ダゴスティン

1983年ベニス(イタリア)生まれ。写真家。2001年にベニスで写真家としての活動を開始。生まれ故郷で生活する中で、カメラを用いて人生の様々なシチュエーションを切り取る好奇心を養った。2002年には西ヨーロッパを周遊し、ミラノにあるプロダクションスタジオ「Maison Sabbatini」で働いた後、写真表現を探求するためにニューヨークに渡る。2018年に祖国イタリアに帰国し、ベニス郊外にスタジオを設立した。

関連サイト
デザインノート
アイデア
イラストノート