嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学
学校特集

京都・嵯峨野の地で学びアートやデザインを生きる力に変えていく

           
嵯峨美術大学・嵯峨美術短期大学 学校特集
京都・嵯峨野の地で学びアートやデザインを生きる力に変えていく



一人ひとりの〝美の術〟を。少人数制教育で育んでいく

嵯峨美術大学と嵯峨美術短期大学は、嵯峨天皇ゆかりの大覚寺を母体とする美術大学である。創立以来、造形やデザインなどの視覚芸術に特化した少人数制教育により、一人ひとりの個性を尊重しながら〝美の術〟で生きていく優秀な人材を数多く輩出してきた。

両校のキャンパスがあるのは、1000年以上前から日本人に愛されてきた古都・京都。嵐山や渡月橋、桂川など、日本有数の風光明媚な土地で過ごす日常が、豊かな美意識や感性を育んでいく。いわば毎日の通学時間さえ、フィールドワークになるといえる。

少人数制教育のメリットは、講師陣や学生同士の距離感の近さに加え、思うまま制作に没頭できる自分専用の制作スペースがキャンパス内に持てることだ。そのほか、作品づくりに必要な設備が揃う工房をはじめ、移動式の展示壁などを持つ附属ギャラリーや約12万冊の蔵書を誇る附属図書館、附属博物館が両校で共有されており、存分にクリエイティビティーを発揮できる。

自分の好きな表現に熱中する時間と空間が用意された嵯峨美術大学と嵯峨美術短期大学。どこまでも「美術」を深く究めていきたいと考えるあなたの夢は、きっとここで叶うはずだ。

_K6A2602s.jpg学内がギャラリーともいえる環境。日常的にアート、デザインに触れ、学生はそれぞれの感性を育ててゆく。


_K6A0506s.jpg学生ひとり一人にアトリエスペースを提供。好きなだけ制作に没頭できる環境を整えている。




優れたアートやデザインは人の心を強く揺り動かす

日本画や油画、版画をはじめ、グラフィックデザインやイラストレーション、プロダクトデザイン、染織、アニメーションやマンガ、コミックアートなど、嵯峨美術大学と嵯峨美術短期大学では、自分に合った道を学ぶことができる。いずれも豊富な講義と実習、演習科目からカリキュラムが構成されており、能動的に学び、考える社会人となるために必要な力が自然と備わっていく。

同じ敷地内に四年制大学と短期大学、大学院が設置されていることから、多彩な個性が集い、互いに刺激し合う〝サガビ〟。各種資格・免許の取得や学園内単位互換制度や海外研修制度など、夢に近づく手立ても用意されている。

また、企業や地域、自治体とのコラボレーションに代表される学外との連携プロジェクトも大きな特徴の一つだ。地元である京都を中心に、学生一人ひとりが商品や製品の企画やデザイン、実行に関わりながら、アートの力を生かした地域振興などに貢献している。

言葉を超え、人の心を強く揺り動かす〝美〟を学び〝術〟の段階まで高める――。かつて「平安の文化サロン」と呼ばれた嵯峨野の地で、アートやデザインの知識と技術を身につけ、次世代の新しい〝美〟を表現してほしい。

_K6A8249s.jpg設立母体である1 2 0 0年の歴史を持つ大覚寺ももうひとつのキャンパス。
世界が賞賛する日本の美を心と身体で吸収する。



_K6A0300s.jpg少人数制なので教員との距離も近い。卒業後も続く信頼関係こそ嵯峨美で得られる人生の大きな財産。

デザインノート
アイデア
イラストノート